お知らせ

投稿日:

望遠鏡で星空を眺めてみませんか?

こんにちは!茨城県古河市の有限会社広和興業です。
弊社は古河市を拠点に、金属製造業を営んでおります。

10月2日は「望遠鏡の日」でした

1608年のこの日、オランダの眼鏡職人ハンス・リッペルハイが遠くのものが近くに見える眼鏡、望遠鏡を発明しました。
この望遠鏡の仕組みはとても簡単なもので、凹レンズと凸レンズを組み合わせることで完成しました。
リッペルハイはこの理論を推し進めて双眼鏡も開発しています。

そしてその前日10月1日は中秋の名月でした。
秋の夜長を明るく照らす月はご覧になりましたか?

リッペルハイが発明した望遠鏡を使って、天体観察の機会があればぜひ望遠鏡で星空を眺めてみてください。

望遠鏡を使用する際の注意点

望遠鏡を使って天体観測する際は、以下の点に注意してください。

◎天体望遠鏡で太陽を直接見ない
◎周囲の安全に十分に配慮して観察する
◎まわりの迷惑にならない場所で観察する

夜の時間が長くなり、煌々と輝く星空を眺めることができる季節に入ってきました。
安全に配慮し、綺麗な星空をぜひ眺めてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

有限会社広和興業
〒306-0116 茨城県古河市新和田894-3
電話:0280-92-3996 FAX:0280-92-3996

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

謹んで新春のお慶びを申し上げます。 昨年は、有限会社広和興業を お引き立ていただきまして、 誠にあり …

ゴールデンウィーク期間

ゴールデンウィーク期間

春風の心地よい季節になりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 この度の新型コロナウイルス感染症 …

懇親会

懇親会

今回は中堅の懇親会です。 人数が揃わなくて5名の参加です。 お店の閉店まで居たそうで、かなり食べた見 …