お知らせ

投稿日:

2月15日 春一番名附けの日






こんにちは!
茨城県古河市で金属製造業を営んでおります、有限会社広和興業です。




1859(安政6)年2月13日、壱岐郷ノ浦の漁師53人が五島沖で突風に遭い全員が死亡した。それ以前から、郷ノ浦の漁師の間で春の初めの強い南風が「春一」と呼ばれており、これが「春一番」の語源とされている。春一番の語源には他にも諸説ある。




1950年代からマスコミがこの言葉を使用するようになって一般でも使われるようになり、1985年からは気象庁が春一番の発表を行っている。




気象庁は4日、関東地方で春一番が吹いたと発表した。1951年の統計開始以来最も早く、昨年に比べると18日早かった。関東で春一番がこれまで最も早かったのは1988年の2月5日、最も遅かったのは72年の3月20日だった。

有限会社広和興業
〒306-0116 茨城県古河市新和田894-3
電話:0280-92-3996 FAX:0280-92-3996

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

【求人募集】業績好調につき新たな仲間を募集中!

【求人募集】業績好調につき新たな仲間を募…

こんにちは!有限会社広和興業です。 弊社は金具製造業を茨城県古河市の工場にて請け負っております。 桜 …

県民の日 [埼玉県]

県民の日 [埼玉県]

明治4年に廃藩置県が行われ、「県」の統廃合があり、11月14日(旧暦)に「埼玉県」が誕生しました。生 …

「県民の日」三重県

「県民の日」三重県

伊勢市 伊勢神宮内宮の宇治橋 こんにちは 古河市で金属製造業を営んでおります 有限会社広和興業です。 …