お知らせ

投稿日:

ふるさと誕生 和歌山県


白浜や三段壁で有名な和歌山県は、
1871年(明治4年)に廃藩置県で誕生した県です。

元々あった三つの地域(和歌山、新宮、田辺)が合併して、現在の和歌山県になりました。

その日こそ、11月22日だったのです。

その日を記念日として、
1989年(平成元年)にふるさと誕生日が制定されました。


和歌山県は近畿地方の南部に位置し、太平洋に面していて約90万人の人々がこの和歌山県で暮らしています。

みかんの生産量が日本一で有田みかんという独自のブランドを持っています。

梅の生産でも有名で、国内生産量の約70%を占めています。もっとも有名な日本食の1つである梅干しは、高品質なものとして知られています。

紀伊山地の霊場と参詣道は、ユネスコの世界遺産に認定されています。

白浜温泉や南紀勝浦温泉といった有名な温泉があり、和歌山県の高野山は日本仏教の聖地で、 日本で最も有名な寺の1つである金剛峯寺が高野山にあります。

有限会社広和興業
〒306-0116 茨城県古河市新和田894-3
電話:0280-92-3996 FAX:0280-92-3996

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

間々田のジャガマイタ

間々田のジャガマイタ

毎年5月5日に行われ、田植えの時期を前に五穀豊穣や疫病退散を祈願する祭りです。この祭りは各町内ごとに …

インフルエンザが猛威をふるう

インフルエンザが猛威をふるう

厳しい寒さが続いておりますが、 お元気でお過ごしでしょうか。 インフルエンザが猛威をふるい、 ニュー …

職安記念日(ハローワークの日)

職安記念日(ハローワークの日)

1947年4月17日、それまでの職業紹介所が「公共職業安定所」(通称職安)と名前を改めた。現在は「ハ …